どうも正式な通知は「自国の国旗と韓国国旗をマストに掲揚する」っぽい。

2018年10月5日の岩屋防衛大臣が記者会見で韓国側からの統一指示として以下のように明言しています。

Q:来週、韓国で国際観艦式があると思いますが、それに関連して韓国政府から日本政府に自衛艦旗である旭日旗の掲揚をしないという通知があったと思うのですが、それへの防衛省自衛隊としての対応は如何でしょうか。

A:経緯はおっしゃった通りでございまして、今回の観艦式の参加に関しまして、韓国海軍から全参加国に対して、「自国の国旗と韓国国旗をマストに掲揚する」及び「艦首及び艦尾の旗は掲げない」旨の統一指示が示されたところでございます。わが国としては、マストに両国の国旗を掲げるということは可能なのですが、自衛艦旗については、自衛隊法等の国内法令によりまして、艦尾への掲揚が義務付けられております。また、国際法上も国の軍隊に所属する船舶であることを示す外部標識に該当するものでございます。したがって、わが国が本観艦式に参加する場合には、艦尾に自衛艦旗を掲揚するということになります。こういう日本の立場については、累次韓国側にも説明をしてきているところでございます。こういったことを踏まえて、もうあまり時間もありませんが、対応につきましては決定してまいりたいと思います。

http://www.mod.go.jp/j/press/kisha/2018/10/05a.html

はっきりと「韓国海軍から全参加国に対して、「自国の国旗と韓国国旗をマストに掲揚する」及び「艦首及び艦尾の旗は掲げない」旨の統一指示が示された」と言っており、文脈上も旭日旗掲揚ができない理由に対応するのが「艦首及び艦尾の旗は掲げない」旨の通知であると思われます。
韓国海軍が参加国に正式に通知した内容は「自国の国旗と韓国国旗をマストに掲揚する」(8月31日)、「艦首及び艦尾の旗は掲げない」(10月3日)の二つだと理解して良さそうです。

従って観艦式に参加した軍艦の多くがメインマストに自国の国旗と韓国国旗の他に軍艦旗を掲げていたことは、韓国側の通知に何ら違反していないことになります。動画で確認できた範囲では唯一艦尾に軍艦旗を掲げていましたのでインドだけが、韓国側の通知に従っていなかったと言えるでしょうね。

ちなみにオーストラリアとかロシアとか、以前の観艦式では艦首艦尾に旗を掲揚していました。

f:id:scopedog:20181017020522p:plain
2002年国際観艦式
今回はメインマストのみに掲揚していましたので、むしろ韓国側の通知に誠実に従ったといえます。

「自国の国旗と太極旗“だけ”を掲揚」という話はどこから出たか?

どうも韓国国防部報道官が9月27日にブリーフィングで説明した際に近い表現を使ったようです。
ヘッドライン済州にこのような記載がありました。

국제관함식 욱일기 논란에 "사열때는 자국기 게양 요청"

홍창빈 기자 headlinejeju@headlinejeju.co.kr 승인 2018.09.27 14:49:00

해군은 27일 국방부에서 진행된 일일 정례브리핑에서 일본 군함의 욱일기 게양 논란과 관련해 이같이 밝혔다.
해군 관계자는 "해군은 지난달 31일 관함식 참가국 전체를 대상으로 해서 관함식의 제반협조사항을 전파하면서 '해상사열 시 자국의 국기와 태극기를 게양하는 것이 원칙'이라고 공지한 바 있다"고 말했다.
이 관계자는 "일반적으로 항해 시에는 자국의 국기만 게양하는 게 일반적인 항해 원칙"이라며 "그런 원칙을 좀 준수해 줄 것을 우리가 강조했다고 보시면 될 것 같다"고 설명했다.
"사열할 때는 국기와 태극기를 달고, 정박할 때는 일본 일장기하고 욱일기를 단다는 말인가"라고 묻는 기자의 질문에 대해 해군 관계자는 "해상사열 시에는 그런 원칙을 준수해 달라고 공지를 드린 것"이라고 말했다.
이어 "국제법이나 국제관례에 (깃발 게양에 대해)어떤 강제할 수 없는 게 원칙"이라면서도 "다만, 욱일기에 대한 어떤 국민적인 우려를 해소하기 위해서 노력하고 있다"고 말했다.

http://www.headlinejeju.co.kr/?mod=news&act=articleView&idxno=345589

参加国に通知した内容としては「 '해상사열 시 자국의 국기와 태극기를 게양하는 것이 원칙'(海上査閲時自国の国旗と太極旗を掲揚することが原則)」で、自国旗と太極旗の掲揚を求めていますが、それ以外の掲揚を禁止するような通知ではありません。
報道官は通知内容とは別に、一般的な内容として「 "일반적으로 항해 시에는 자국의 국기만 게양하는 게 일반적인 항해 원칙"(一般的に、航行時には自国の国旗だけ掲揚するのが一般的な航海原則)」と説明しています。これ自体は観艦式に限定しない一般的な内容です。それに続いて「"그런 원칙을 좀 준수해 줄 것을 우리가 강조했다고 보시면 될 것 같다"(そのような原則をいくつか順守してくれるよう韓国側として強調したと理解してほしい*1)」と述べ、正式な通知とは別に軍艦旗ではなく国旗のみを掲揚してほしいという意図を暗に示したようです。

“普通、航行中は自国の国旗だけ掲揚するでしょ。そういったところを踏まえてくださいよ”的な感じでしょうかね。ちなみに韓国軍艦は普段、軍艦旗ではなく国旗を掲揚しているようですが、その理屈が他国にも通じるわけではありませんから、国内向けのブリーフィングとしてそのような表現を使ったように思われます。

それを朝日などが報じる際に、'해상사열 시 자국의 국기와 태극기를 게양하는 것이 원칙'と "일반적으로 항해 시에는 자국의 국기만 게양하는 게 일반적인 항해 원칙"が混ざり、次のように報じられたのではないでしょうかね。

韓国海軍「海上自衛隊旗揚げないで」 観艦式で間接要請

 韓国海軍の報道官は27日、済州島で10月10~14日に他国の海軍との交流などを目的に開く「国際観艦式」に関し、日本などの参加国に「自国の国旗と太極旗(開催国である韓国の国旗)だけを掲揚するのが原則」だと8月31日付で通知した、と明らかにした。

https://digital.asahi.com/articles/ASL9W5284L9WUHBI02V.html

韓国側報道官が旭日旗を掲揚しないように求める主旨でそのように発言したのは間違いないのでその意味では朝日記事は主旨を外しているわけではないのですが、各参加国に通知した内容という意味では誤ったのではないかな、と思われます。



*1:この辺の訳はあまり自信ありません・・・。

消費税増税や軽減税率の不合理に騒いでいない野党ってどこにいるの?

なんか「野党はなぜ消費税増税や軽減税率の不合理を騒がないのだろう」とか言ってる人がいるんですが。

国民民主党

 その中で国民民主党は、来るべき消費税率の引き上げの際に、低所得者対策として「給付つき税額控除」が最適であることを提案してきましたが、政府与党は「軽減税率」を採用しようとしています。
 軽減税率は、(1)消費の多い富裕層ほど恩恵を受ける(2)品目ごとの適用やレシートの発行など、事業者の大きな負担と混乱を招く、といった問題の多い制度です。私たちは軽減税率を伴う消費税率引き上げには賛成できません。

https://www.dpfp.or.jp/article/200678/%E3%80%90%E8%AB%87%E8%A9%B1%E3%80%91%E6%B6%88%E8%B2%BB%E7%A8%8E%E5%BC%95%E3%81%8D%E4%B8%8A%E3%81%92%E3%81%AE%E7%B7%8F%E7%90%86%E8%A1%A8%E6%98%8E%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6

軽減税率の不合理を批判していますね。

共産党

2018年10月16日(火)

増税しないことが「万全の対策」小池書記局長が批判

 日本共産党小池晃書記局長は15日、国会内で記者会見し、安倍晋三首相が臨時閣議で、来年10月の消費税10%増税を表明し、「万全の対策」を指示したことについて「増税しないことが万全の対策だ」と批判しました。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-10-16/2018101601_02_1.html

どう見ても消費増税反対の立場で批判していますね。

社民党

2018年10月15日

消費税率引き上げとそれに伴う対応について(談話)

社会民主党幹事長 吉川はじめ

1.安倍首相は、本日午後の臨時閣議で、消費税率を来年10月1日から予定通り10%に引き上げることを表明した。社民党は、逆進性があり、国民生活や景気の悪化を招く消費税率の10%への引き上げには断固反対である。

http://www5.sdp.or.jp/comment/2018/10/15/%E6%B6%88%E8%B2%BB%E7%A8%8E%E7%8E%87%E5%BC%95%E3%81%8D%E4%B8%8A%E3%81%92%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%81%AB%E4%BC%B4%E3%81%86%E5%AF%BE%E5%BF%9C%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%EF%BC%88%E8%AB%87/

間違えようもないくらい明確に反対してますね。

自由党


ツートップが黒田日銀総裁の見解を批判していますね。

希望の党

2018.10.15 | 党声明・談話

安倍総理の消費税増税表明に対しての松沢代表のコメント

安倍総理の消費税増税表明について」
党として、消費税増税に反対する。

https://kibounotou.jp/news/detail/nid:393

これも明確に反対してますねぇ。

その他

ええっと、他に野党っていうと、沖縄社会大衆党日本維新の会くらいかな?



小野寺話法

2018年9月28日の小野寺防衛大臣記者会見。

Q:韓国が来月に予定している国際観艦式について、各参加国に対して、国旗と太極旗のみの掲揚を求めるという通知を出しているということですが、防衛省自衛隊としてこの通知を受け取っているかどうかをお聞かせください。

A:防衛省としては、本年10月11日に韓国において実施される国際観艦式に、海上自衛隊護衛艦を派遣する予定であります。御指摘のありました通知に関しては、相手国の関係もあり、お答えは差し控えさせていただきますが、自衛艦旗の掲揚については、自衛隊法等の国内法令において義務付けられております。また、自衛艦旗国連海洋法条約上、国の軍隊に所属する船舶の国籍を示す外部標識に該当するものであります。防衛省としては、今般の国際観艦式に自衛隊艦艇を派遣する場合には、このような国内法令等に則って対応する考えであります。いずれにしても、防衛省自衛隊としては、今後も、インド太平洋地域の平和と安定のため、日韓防衛協力をさらに深化・進展させていきたいと考えております。

http://www.mod.go.jp/j/press/kisha/2018/09/28a.html

記者の質問中には「国旗と太極旗のみの掲揚を求めるという通知を出しているということですが」とありますが、防衛大臣は「御指摘のありました通知に関しては、相手国の関係もあり、お答えは差し控えさせていただきます」と具体的な通知の内容について触れていません。後の10月5日には後任の岩屋防衛大臣が具体的な通知の内容についてしゃべっています*1ので「相手国の関係もあり」という理由にはモヤモヤするものがあります。

Q:国内法令に則ってということではありますが、韓国側から、万が一、自衛艦旗を下げてほしいとの要請が続いた場合には、参加の取りやめということもあり得るのでしょうか。

A:国内法令において、自衛艦旗の掲揚については義務付けられておりますし、国連海洋法条約上も国の軍隊に所属する船舶の国籍を示す外部標識に該当するものと判断しておりますので、当然、これを掲げるということになると思います。

http://www.mod.go.jp/j/press/kisha/2018/09/28a.html

ここは答えになっていないやり取り。

Q:韓国が自衛艦旗に対して意見を言うようになったのは最近のことであると思いますが、自衛隊は2008年と1998年に韓国の観艦式に参加しておりますが、その時はどのような対応をしたのでしょうか。

A:その時も、自衛隊法等の国内法令に基づき、そして国連海洋法条約上の規定に基づき、船舶の国籍を示す外部標識を掲揚したというふうに報告を受けております。

http://www.mod.go.jp/j/press/kisha/2018/09/28a.html

ここだけは質問に対する答えになっていますが、問題はここから後のやり取りです。

Q:大臣は旭日旗が旧軍から使われてきたものだということについてはどう考えますか。

A:自衛艦旗というのは、外部標識に該当するという判断で掲揚しているということである思います。

Q:旧軍が使ってきたものを、そのまま海上自衛隊が使っていることについて大臣はどのようにお考えでしょうか。

A:いずれにしても、今の外部標識は既に定着したものと考えております。

Q:旧軍が使っていたものを、現在の海上自衛隊自衛艦旗として使っていることについてどうお考えでしょうか。

A:この外部標識に該当します旭日旗のデザインについては、太陽をかたどっており、大漁旗や出産、節句の祝い旗として日本国内で広く使われているものと私ども承知をしております。

Q:旧海軍が使っていたものを現在、海上自衛隊がそのまま使っていることについて大臣はどうお考えでしょうか。

A:私どもとしては、既にこの外部標識は定着しているものと考えております。

Q:旧海軍が使っていたものを現在の海上自衛隊がそのまま使っていることについて大臣はどのようにお考えでしょうか。

A:繰り返しになりますが、この旭日旗のデザインについては、太陽をかたどっており、大漁旗や出産、節句の祝いの旗として日本国内で広く使われておりますし、また既に自衛隊艦艇の外部標識として定着しているものと考えております。

http://www.mod.go.jp/j/press/kisha/2018/09/28a.html

おそらく同一記者でしょうが、「旧軍が使っていたものを、現在の海上自衛隊自衛艦旗として使っていることについてどうお考えでしょうか」という質問を五回も繰り返しているにもかかわらず、小野寺防衛大臣は一切質問に対して答えず、話をそらそうとしています。

まあ、首相が首相だし、官房長官官房長官ですから、防衛大臣もこの程度ってことでしょうねぇ。



(追記2018/10/16)「自国の国旗と太極旗の掲揚が原則だ」?「自国の国旗と太極旗だけを掲揚するのが原則」?

上記はいずれも韓国海軍が通知したと報じられた内容で、前者は時事通信、後者は朝日新聞です。
違いは「だけ」の有無ですが、意味が全く変わりますので、実際の通知内容を具体的に知りたいものです。

韓国海軍「海上自衛隊旗揚げないで」 観艦式で間接要請

 韓国海軍の報道官は27日、済州島で10月10~14日に他国の海軍との交流などを目的に開く「国際観艦式」に関し、日本などの参加国に「自国の国旗と太極旗(開催国である韓国の国旗)だけを掲揚するのが原則」だと8月31日付で通知した、と明らかにした。
 報道官は「海軍は旭日(きょくじつ)旗に対する国民の憂慮を解消するために努力している」とも説明。日本の海上自衛隊に対し、自衛艦旗を使わないよう間接的に要請した形だ。

https://digital.asahi.com/articles/ASL9W5284L9WUHBI02V.html

9月27日の朝日記事では、韓国海軍報道官が「日本などの参加国に「自国の国旗と太極旗(開催国である韓国の国旗)だけを掲揚するのが原則」だと8月31日付で通知した、と明らかにした」という報道内容になっています。

旭日旗掲揚の影響考慮を」=自衛隊の観艦式参加で韓国首相

 【ソウル時事】韓国・済州島で10~14日に開かれる国際観艦式に関し、韓国政府が自衛隊に対し、旧日本軍が使用していた旭日旗自衛艦旗)を掲揚しないよう事実上、要請している問題で、李洛淵首相は1日、「植民地支配の痛みをまだ記憶している韓国人の心に、旭日旗がどんな影響を与えるのか、日本ももう少し繊細に考慮する必要がある」と述べた。
 李氏は国会答弁で「(自衛隊は)艦首に太極旗(韓国国旗)と日本国旗を掲げ、艦尾に自衛艦旗を掲揚する計画のようだが、国民はこれを問題視している」と指摘。自衛艦旗を掲げて参加する場合「さまざまな対応を検討している」と語った。
 韓国海軍は先に、日本など参加国に対し、「自国の国旗と太極旗の掲揚が原則だ」と通知していた。これに対し、小野寺五典防衛相は「(自衛艦旗)掲揚は国内法令で義務付けられている」と強調、参加する場合には海上自衛隊護衛艦に掲げる方針を示している。(2018/10/01-19:40)

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018100100655&g=pol

10月1日の時事通信では「日本など参加国に対し、「自国の国旗と太極旗の掲揚が原則だ」と通知していた」と報じています。この時点で日本側が「艦首に太極旗と日本国旗を掲げ、艦尾に自衛艦旗を掲揚する計画」だったと考慮すると、8月時点の通知が「自国の国旗と太極旗だけを掲揚するのが原則」だった場合、最初から通知に従わない計画を立てていたことになります。

時事通信ではこういう報道もありました。

時事通信「海自、韓国観艦式参加せず=旭日旗問題で取りやめ―防衛省」10/5(金) 13:46配信)
 防衛省によると、韓国から観艦式への招待があったのは昨年10月。護衛艦での参加へ調整を進めていた今年8月、式典の際にマストに韓国国旗と自国国旗の掲揚が求められた。加えて10月3日、艦首艦尾には旗を掲げないよう要請があった。事実上、自衛艦旗の掲揚自粛を求めるもので、政府は参加の可否について検討していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181005-00000073-jij-pol

10月3日になって「艦首艦尾には旗を掲げないよう要請があった」という内容です。

時系列的にはこんな感じです。

9月27日、韓国海軍報道官が8月31日に「自国の国旗と太極旗の掲揚(のみ?)が原則」と通知したことを発言し、日本に対し旭日旗自制を求める。
9月28日、小野寺防衛相が旭日旗自制を拒否*1
10月1日、韓国国会で与党議員が政府に関連質疑、国務総理が旭日旗問題への対応を検討していると発言。
10月3日、「艦首艦尾には旗を掲げないよう」追加要請
10月5日、日本、国際観艦式への艦艇参加を断念。

ちなみに10月1日の韓国国会での宋永吉(송영길)民主党議員と李洛淵(이낙연)国務総理のやり取りはこんな感じ。

第20代国会 第364回 第7回 国会本会議

◯송영길 의원 제주도 관함식에 욱일기 문제는어떻게 처리할 생각입니까?
◯국무총리 이낙연 올해가 아시다시피 김대중․오부치 공동선언 20주년이고 이 20주년을 계기로해서 한일 양국이 미래지향적 관계를 발전시켜나가자 하는 움직임이 여기저기서 활발합니다.제주 관함식에 일본 자위대 함정이 오는 것은그런 점에서 합당하다고 생각합니다. 다만 식민지배의 아픔을 아직도 기억하고 있는 한국인들의마음에 욱일기가 어떤 영향을 줄 것인가 하는 것은 일본도 좀 더 섬세하게 고려할 필요가 있다이렇게 생각합니다.
◯송영길 의원 일본이 끝까지 수용하지 않고 욱일기를 달고 참가할 경우에 어떻게 할 것인지 대응이 준비돼 있습니까?
◯국무총리 이낙연 여러 가지 고민을 하고 있습니다. 배의 앞쪽은 태극기와 일본 국기를 붙이고함미, 함정의 뒤쪽에 자위대기를 붙이겠다 이런취지인 모양입니다만 지금 국민들은 그것에 대해서 문제를 제기하고 있습니다.
◯송영길 의원 평창 동계올림픽 때 독도를 넣었다고 한반도기 게양을 끝까지 거부했던 일본의태도에 균형이 맞게 우리 요구를 수용할 수 있도록 외교적 노력을 다해 주시기 바라겠습니다.
◯국무총리 이낙연 예, 여러 가지로 고민하고있습니다.

http://likms.assembly.go.kr/record/mhs-30-011.do#none

宋永吉議員は「日本が最後まで受け入れず旭日旗をつけて参加する場合にどのように対応するか準備されていますか?」と質問し、これに対して李洛淵首相が「(自衛隊は)艦首に太極旗(韓国国旗)と日本国旗を掲げ、艦尾に自衛艦旗を掲揚する計画のようだが、国民はこれを問題視している」と答えたわけです。
この流れを見る限り、韓国国内の旭日旗に対する反感が政府に対して対応を求めたことになります。韓国政府・軍は「国際法や国際慣例上いかなる強制もできない」ことについて当初から言及していますが、それでも「さまざまな対応を検討」する必要があったわけですね。

報道では見かけなかった部分ですが、李洛淵首相に対して宋永吉議員がこう要望しています。
「平昌冬季五輪の時、独島を入れた統一旗掲揚を最後まで拒否していた日本の態度とバランスをとって私たちのニーズに対応できるように外交的努力を尽くしていただきたい。(평창 동계올림픽 때 독도를 넣었다고 한반도기 게양을 끝까지 거부했던 일본의태도에 균형이 맞게 우리 요구를 수용할 수 있도록 외교적 노력을 다해 주시기 바라겠습니다.)」
統一旗はもともと独島を記載していなかったんですが、2005年に日本の島根県竹島の日を制定したことから、翌2006年トリノ五輪で明確に独島を記載するようになりました*2
安易にナショナリズムを煽ったことが巡り巡ってこんなことになっていると。

さて、最終的に日本側が艦艇参加を断念したきっかけは、10月3日の「艦首艦尾には旗を掲げないよう要請があった」ことと思われます。
海上自衛隊旗章規則第15条の「自衛艦は、次の各号に掲げる時間、艦尾の旗ざお(潜水艦が航海中である場合にあつてはセール上部の旗ざお)に自衛艦旗を掲揚しなければならない」に明確に抵触するからです。

実際のところは、8月31日の通知の時点では「自国の国旗と太極旗の掲揚」が求められただけで、それに対して日本海自側は「艦首に太極旗と日本国旗を掲げ、艦尾に自衛艦旗を掲揚する計画」を検討したものの、9月下旬には韓国世論の旭日旗忌避の声が強くなり、韓国軍・政府として強制力のない要望という形で日本側に自制を求めたものの、日本側が拒絶し、それならばということで「艦首艦尾には旗を掲げないよう」追加要請を出したという感じでしょうか。


最後に今回の観艦式において、“諸外国は日本に同情し韓国に侮蔑的な態度をとった”みたいな言説がネット上に流れていますが、はっきり言って都市伝説でしょうね。

例えば、直前まで観艦式参加予定だった護衛艦いずもと同行していた米空母ロナルド・レーガンはそのまま観艦式に参加していますし、受閲した10ヵ国の艦艇はインド軍艦ラーナとインドネシアの練習帆船を除いて「艦首艦尾には旗を掲げないよう」にという10月3日の韓国側の追加要請に従ってもいます。「自国の国旗と太極旗の掲揚」についても全ての受閲艦艇が掲揚していますよね。フィリピンとマレーシアは受閲には参加しませんでしたが、抗議だと解釈できる要素は特にありませんし*3、中国の艦艇不参加も国内的な事情と説明されています*4。受閲に参加した外国艦艇10カ国15隻というのも別に少ないわけでもなく、実際2002年の日本での国際観艦式の参加数11カ国17隻とほとんど変わりません。
今回の件に関して韓国に対し批判的な報道が日本以外にあるかというと、それもちょっと無さそうですしね。戦闘旗だとか半旗だとかも与太の域を出ませんし。

国旗と別の軍艦旗を持つ“7カ国”*5軍艦旗を掲揚していたことを以て“韓国は恥をかいた”みたいな主張も多く見かけますが、韓国側が掲揚してほしくなかったのは旭日旗であって、他の国の軍艦旗ではありませんからねぇ。

そこで最初に戻るのですが、韓国側の通知が「自国の国旗と太極旗だけを掲揚するのが原則」であるならば、国旗と別の軍艦旗を持つ8カ国が軍艦旗も掲揚したことで通知に従っていなかったことになりますが、「自国の国旗と太極旗の掲揚が原則」であるならば、軍艦旗の掲揚しないことを求められたわけでもないので通知の通りだったことになります。
それでどっちなのかな、という疑問になるわけです。

韓国国防部のプレスリリースとかも探してはみましたが、見つけられたのはこれだけでした。

“일본 해상자위대 불참 유감, 양국 해군 우호증진은 지속”

작성자 : 관리자작성일 : 2018.10.08조회수 : 110
해군은 지난 5일 일본 해상자위대의 2018년 국제관함식 불참과 관련, “세계 해군 간의 평화와 화합을 위한 관함식에 일본 해상자위대 함정이 참가하지 못하게 된 것에 대해 유감스럽게 생각한다”며 “이번 결정이 두 나라 해군의 발전적 관계 유지에 영향을 주면 안 된다고 생각한다”고 밝혔다. 그러면서 “해군은 앞으로 두 나라 해군의 군사교류와 우호증진은 지속해 나갈 것”이라고 덧붙였다.
해군은 이날 입장문을 통해 “일본 측은 ‘한국 해군이 통보한 원칙(마스트에 자국기와 태극기 게양)을 존중할 것이지만 자국 법령에 따라 해상자위대기도 함께 게양할 수밖에 없다’고 설명했다”며 “또 자국 법령과 국제관례에 의거한 이런 입장이 받아들여지지 않으면 이번 관함식에 참가할 수 없다는 입장을 밝혔다”고 전했다.
해군에 따르면 관함식에 참가하는 14개 나라 가운데 일본을 제외한 13개 나라는 해군의 원칙에 동의했다. 해군은 일본에 이런 내용과 함께 ‘독도함을 좌승함으로 하라’는 국민의 여론도 전달했다. 우리 정부는 해상사열 원칙에 대해 국방부 장관의 주한 일본대사 대화, 해군참모총장과 일본 해상막료장과의 통화, 주일 국방무관 등에 의한 일본 관계자들에 대한 설명 등 다양한 방법으로 우리의 의견을 전했다. 이낙연 국무총리도 지난 1일 국회 대정부 질문에서 “일본은 자위대기가 한국인들의 마음에 어떤 영향을 줄 것인지 섬세하게 고려해야 한다”고 언급했다.
맹수열 기자 < guns13@dema.mil.kr > <저작권자 ⓒ 국방일보, 무단전재 및 재배포 금지>

http://mnd.go.kr/cop/kookbang/kookbangIlboView.do?siteId=mnd&pageIndex=2&findType=&findWord=&categoryCode=dema0005&boardSeq=23772&startDate=&endDate=&id=mnd_020103000000

ここには「한국 해군이 통보한 원칙(韓国海軍が通知してきた原則)」について「마스트에 자국기와 태극기 게양(マストに自国旗と太極旗を掲揚)」としか書いてないので、何とも断言できません。5日の日本側からの説明であることを考慮すると文脈的にはどっちとも取れるんですよね。

追記2018/10/16

よくよく見たら、10月5日の岩屋防衛大臣記者会見でこう言ってますね(強調は引用者)。

Q:来週、韓国で国際観艦式があると思いますが、それに関連して韓国政府から日本政府に自衛艦旗である旭日旗の掲揚をしないという通知があったと思うのですが、それへの防衛省自衛隊としての対応は如何でしょうか。

A:経緯はおっしゃった通りでございまして、今回の観艦式の参加に関しまして、韓国海軍から全参加国に対して、「自国の国旗と韓国国旗をマストに掲揚する」及び「艦首及び艦尾の旗は掲げない」旨の統一指示が示されたところでございます。わが国としては、マストに両国の国旗を掲げるということは可能なのですが、自衛艦旗については、自衛隊法等の国内法令によりまして、艦尾への掲揚が義務付けられております。また、国際法上も国の軍隊に所属する船舶であることを示す外部標識に該当するものでございます。したがって、わが国が本観艦式に参加する場合には、艦尾に自衛艦旗を掲揚するということになります。こういう日本の立場については、累次韓国側にも説明をしてきているところでございます。こういったことを踏まえて、もうあまり時間もありませんが、対応につきましては決定してまいりたいと思います。

http://www.mod.go.jp/j/press/kisha/2018/10/05a.html

韓国側の指示の内容が岩屋防衛大臣発言の通りなら、韓国側はマストに軍艦旗を掲げることを禁止していないと解釈すべきでしょうね。そうすると、インド以外は韓国側の指示通りの対応を取ったと判断して良さそうですね。

(※観艦式の様子はアリランTVの観艦式の特集の動画で確認しました。)



*1:http://www.mod.go.jp/j/press/kisha/2018/09/28a.html この会見は結構面白くて、「大臣は旭日旗が旧軍から使われてきたものだということについてはどう考えますか。」という質問に対して小野寺大臣が逃げ回って回答を避けてるんですよね。

*2:http://news.livedoor.com/article/detail/14995372/

*3:むしろ、フィリピンとマレーシアが旭日旗に好意的だと解釈する方が難しい気がするんですが。

*4:そもそも中国が、韓国による日本の軍艦旗掲揚禁止に抗議するとは全く考えられない話ですし。

*5:ちなみにほとんど報道で7カ国となっていますが、ベトナムも国旗とは別の軍艦旗を定めていますので、8カ国が正しいんですよね。で、ベトナムもメインマストに軍艦旗を掲揚していました。

12の食材のうち一つでも腐っていたら、それらを使ってできた料理は食べられない

何かというと、この話。

朕惟フニ我カ皇祖皇宗国ヲ肇ムルコト宏遠ニ徳ヲ樹ツルコト深厚ナリ我カ臣民克ク忠ニ克ク孝ニ億兆心ヲ一ニシテ世々厥ノ美ヲ済セルハ此レ我カ国体ノ精華ニシテ教育ノ淵源亦実ニ此ニ存ス爾臣民父母ニ孝ニ兄弟ニ友ニ夫婦相和シ朋友相信シ恭倹己レヲ持シ博愛衆ニ及ホシ学ヲ修メ業ヲ習ヒ以テ智能ヲ啓発シ徳器ヲ成就シ進テ公益ヲ広メ世務ヲ開キ常ニ国憲ヲ重シ国法ニ遵ヒ一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ以テ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ是ノ如キハ独リ朕カ忠良ノ臣民タルノミナラス又以テ爾祖先ノ遺風ヲ顕彰スルニ足ラン
斯ノ道ハ実ニ我カ皇祖皇宗ノ遺訓ニシテ子孫臣民ノ倶ニ遵守スヘキ所之ヲ古今ニ通シテ謬ラス之ヲ中外ニ施シテ悖ラス朕爾臣民ト倶ニ拳々服膺シテ咸其徳ヲ一ニセンコトヲ庶幾フ
  明治二十三年十月三十日
  御名 御璽

天皇家が血みどろの争いを繰り広げた歴史をきれいさっぱり修正して「我カ皇祖皇宗国ヲ肇ムルコト宏遠ニ徳ヲ樹ツルコト深厚ナリ」とか嘘っぱちを並べる冒頭から真面目に読む気が失せる“ありがた~いお言葉”である教育勅語の件。
擁護論者がよく用いる言説として、12の徳目のうち11までは普遍的だとか良いこと書いているとかいうものがあります。ただ、12の徳目を一体として教育勅語が構成されている以上、タイトルで述べたとおり、腐った徳目が1つでもあれば教育勅語自体も食べたら腹を壊す腐った“料理”なわけで、廃棄されるべきものなんですよね。
出てきた料理が腐っていたら、普通は料理ごと棄てるのであって腐ってない食材があるはずだとか言って掻き分けたりするのはちょっとどうかと思います。

で12の徳目とやらですが、列挙すると、孝行・友愛・夫婦ノ和・朋友ノ信・謙遜・博愛・修学習業・智能啓発・徳器成就・公益世務・遵法・義勇 となります。

ところでこんな文言があります。

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=321CONSTITUTION&openerCode=1

「日本国民は、恒久の平和を念願し」や「全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認」は「博愛」にあたり、「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して」というのは「朋友ノ信」にあたりましょうか。続く「われらの安全と生存を保持しようと決意した」は「謙遜」ともとれます。
「われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ」というのは「友愛」でもあり、「修学習業・智能啓発・徳器成就・公益世務」でもありますね。

別の箇所の「日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し」は「遵法」ですかね。
そして「日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ」は、「義勇」でもあります。

上記で引用したのは言うまでも無く日本国憲法の前文です。

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。
日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=321CONSTITUTION&openerCode=1

というわけで、日本国憲法はその前文において教育勅語にあった12徳目のうち「孝行」と「夫婦ノ和」以外の全てのものを新たな解釈を持って含めているわけです。
ちなみに「夫婦ノ和」にあたる部分も憲法24条(婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない)に存在しますし、24条2にある「家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない」は「孝行」をも含むと言えます*1

では日本国憲法教育勅語と何が違うのかというと、教育勅語の解釈上は存在しない平和主義(「政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意」「全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有する」)、教育勅語の文言上にも存在しない自由(「わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保」)を含む基本的人権の思想、そして国民主権(「国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する」)です。
いわゆる日本国憲法の三大原理、これが教育勅語には皆無ですよね。

そして形式も大きく違っています。
教育勅語天皇から臣民に対する事実上の命令という形式。これに対して日本国憲法は「日本国民」である「われら」が「決意し」「宣言し」「念願し」「誓ふ」という形式です。

国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=321CONSTITUTION&openerCode=1

だからこそ教育勅語は排除されました。

 思うに、これらの詔勅の根本理念が主権在君並びに神話的國体観に基いている事実は、明かに基本的人権を損い、且つ國際信義に対して疑点を残すもととなる。
教育勅語等排除に関する決議)

http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/002/0512/main.html

というわけです。

70年前、戦後直後の日本人はこう考えたともいえます。

もし神がいて神の教示があったとしても私は一考し それが正しいか正しくないかは自分で決めます。
DEATH NOTE (ジャンプ・コミックス)

70年経ってもなお“現人神”の教示にすがろうとするのはどうかと思いますね。



*1:親に対しても子に対しても「個人の尊厳」を尊重するわけですから

産経新聞は検閲を要求するスタンスらしい

この件。

慰安婦」映画後援 茅ケ崎市と市教委に抗議殺到

10/11(木) 18:16配信 産経新聞
 16日に神奈川県茅ケ崎市の市民文化会館で予定されているドキュメンタリー映画「沈黙-立ち上がる慰安婦」(朴壽南(パク・スナム)監督)の上映会を市と市教育委員会が後援していることに対して、市と市教委に170件を超える抗議が殺到していることが11日、関係者への取材で分かった。
 市によると、6月1日に上映会の主催者側から後援名義の使用承認申請が出され、市と市教委は同映画が過去に一般上映された際のチラシの文面などをもとに協議し、後援を承認した。
 市と市教委は「内容ではなく上映行為に関しての後援であり、基本的に承認を出すのがスタンス」とし、映像を実際に見て協議するという方法はとらなかったとしている。
 同映画は、平成6年に来日して日本政府に謝罪と個人補償を求めて直接交渉を開始した女性たちの姿を、昭和10年生まれの在日朝鮮人2世で市在住の女性監督が追った作品。抗議の大半は、日本政府の見解と異なる政治的に偏った映画の上映を、中立・公平であるべき行政が後援することを問題視する内容という。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181011-00000590-san-kr

産経新聞は「映像を実際に見て協議するという方法はとらなかったとしている」などと問題視するような筆致ですが、そういうのは事実上の検閲ですよね。また、「抗議の大半は、日本政府の見解と異なる政治的に偏った映画の上映を、中立・公平であるべき行政が後援することを問題視する内容」とも書かれていますが、日本政府の見解と同じ内容の映画しか認めないというなら、社会問題を取り上げる映画は日本では絶滅するでしょうね。



旭日旗に誇りを感じる人たちはあの時何をしていたのだろう?

2018年10月5日、韓国で行われる国際観艦式への参加を日本が見送ることを決定したようです。

海自 韓国での観艦式参加を見送り、“旭日旗”めぐる問題で

 11日に韓国で開催される「国際観艦式」について、防衛省海上自衛隊の参加を見送ることを決めました。背景には自衛艦の旗である「旭日旗」をめぐる対立があります。
 「残念ながら、我が国として国際観艦式への参加を見送らざるを得ない判断に至った」(岩屋毅防衛相)
 国際観艦式をめぐって韓国側は、参加する艦船の先頭と後方に旗を掲げないことを要請していました。しかし、岩屋防衛大臣は「国内法上、自衛艦旗の掲揚が義務づけられている」などとして要請を受け入れず、参加を見送ることを決めました。
 自衛艦旗である旭日旗は旧日本軍で使われ、韓国では『侵略の象徴』として反発があるため、事実上、韓国側が掲げないよう求めていたものですが、2008年に韓国で行われた観艦式では自衛艦が旗を掲げていました。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3491054.html

同日12時の段階ではなお調整中だったみたいですが、日本側としては旭日旗掲揚というメンツを守ることを優先したようですね。

平成30年10月5日(12:00~12:39)防衛省記者会見室

Q:来週、韓国で国際観艦式があると思いますが、それに関連して韓国政府から日本政府に自衛艦旗である旭日旗の掲揚をしないという通知があったと思うのですが、それへの防衛省自衛隊としての対応は如何でしょうか。

A:経緯はおっしゃった通りでございまして、今回の観艦式の参加に関しまして、韓国海軍から全参加国に対して、「自国の国旗と韓国国旗をマストに掲揚する」及び「艦首及び艦尾の旗は掲げない」旨の統一指示が示されたところでございます。わが国としては、マストに両国の国旗を掲げるということは可能なのですが、自衛艦旗については、自衛隊法等の国内法令によりまして、艦尾への掲揚が義務付けられております。また、国際法上も国の軍隊に所属する船舶であることを示す外部標識に該当するものでございます。したがって、わが国が本観艦式に参加する場合には、艦尾に自衛艦旗を掲揚するということになります。こういう日本の立場については、累次韓国側にも説明をしてきているところでございます。こういったことを踏まえて、もうあまり時間もありませんが、対応につきましては決定してまいりたいと思います。

Q:おっしゃった通り、あまり時間がないわけですが、日本政府の立場があった上で、韓国政府の対応が変わらない場合は、どのような対応をお考えですか。

A:再三に渡って、統一指示も外交ルートを通じて、あるいは両国の韓国軍と自衛隊のパイプがあり交渉はしてきてはいるのですけれども、中々現段階では難しいということみたいなので、それらの状況も総合的に勘案して、早期に結論を出さなければならないと思っているところです。

http://www.mod.go.jp/j/press/kisha/2018/10/05a.html

前にも言いましたが、自衛艦旗掲揚のルールは訓令レベルで詳細が決められていますので防衛大臣の権限でどうとでも対応できますから、防衛大臣が法律のせいにするのはどうかと思うんですよね。
「国の軍隊に所属する船舶であることを示す外部標識」が軍艦旗でなければならない理由もありませんしね。

ところでこの件に関して、以前の観艦式では旭日旗を掲揚していたという主張が散見されます。

(「自衛艦 韓国派遣見送り 旭日旗自粛「受け入れられず」」産経新聞、2018/10/5)
 韓国での国際観艦式は1998年、2008年にも行われたが海自に対する自粛要請はなく、海自護衛艦旭日旗を掲げて参加した。

https://www.sankei.com/politics/news/181005/plt1810050018-n2.html

実際、旭日旗に対する韓国世論は以前はさほど悪くもなく、批判的な意見はあっても一部に過ぎないといった状態だったように思えます。朝鮮日報にはこういう指摘があります。

(「なぜ今になって韓国は旭日旗に怒っているのか」朝鮮日報、2018/10/6)
2000年代以降、日本の右傾化がはっきりする流れに合わせ、韓国では旭日旗に対する反感が徐々に増幅されているのが実情だ。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/10/06/2018100600425_3.html

個人的には、旭日旗に対する韓国世論が悪化した直接的な原因は2012年頃以降のこういう流れだとみています。

「(2012年9月)23日午後‘在日特権を許さない市民の会’等、日本の右翼団体会員100人余りが東京、銀座通りで日章旗と旭日昇天旗を掲げて‘韓国と国交断絶’等のスローガンを叫び行進している。 この日、東京の他に名古屋、福岡、札幌でも反韓デモが開かれた。」
(「"日-韓交流を断ち切ろう" 日本右翼団体 反韓デモ」ハンギョレ、2012/9/24)

http://japan.hani.co.kr/arti/society/12861.html;title

(2014年9月23日)「警察がデモ隊とカウンターの間に入る、いつもの光景。国連の委員からは「日本の警察はデモ隊に付き添っているように見える」との批判がある。=23日、六本木 写真:島崎ろでぃ=」

田中龍作ジャーナル | 安倍政権と嫌韓デモ はびこるヘイト勢力

2014年の嫌韓デモに関する韓国報道
www.youtube.com

https://www.youtube.com/watch?v=tIZaYmaOHBk

こういった経緯*1を経て、一般の韓国人から見て、旭日旗が日本の韓国差別団体のアイコンになってしまったというのが実態かなぁと。
それ以前も旭日旗は日本の右翼団体のアイコンの一つではありましたが、終戦記念日などの歴史認識に関連する場面で知られる程度であって、韓国側でもアイコンとしての旭日旗を攻撃するのは一部で、今ほど一般化はしてなかったように思うんですよね。

というわけで特にここ5年ほどの間、韓国世論の旭日旗のイメージを著しく悪化させたのは、旭日旗を多用した嫌韓デモや韓国人差別団体としか言いようがなく、旭日旗に誇りを感じる人たちは、その旗が民族差別の旗印にされてた時に何をしていたのかなぁ、という疑問をいだかざるを得ないわけです。
特に公式に旭日旗自衛艦旗として使用している海上自衛隊などは本来ならちゃんと対応すべきだったんじゃないですかねぇ。

そういった日本社会にも責任の一端があることを無視して、“韓国が理不尽な要求をしている”としか認識できないのなら、旭日旗を掲げて韓国人排斥を叫んでた連中と大差無いないように感じます。



*1:ネット上での差別動画も含め